悲しい1グランプリ2021 決勝 結果

2021.03.22

悲しい1グランプリ2021の結果まとめです。

悲しい1グランプリとは、私が独自で催している架空の大会です。

2021 年は、参加者、審査員、全て void がやっています。2022 年の参加者募集中です。

ルール

  • 悲しいけど、最終的に笑えるものを評価。
  • 嘘禁止。実体験に基づいていること。
  • 下ネタ禁止。

各参加者の点数まとめ

NO.1 「下校中、後ろに友だちいるのに気づかず 1 人で熱唱」80 点

審査員コメント「気持ちよう歌ってんやから別にええやんけ、と思いました。」「ここが基準点。」


NO.2 「アニメ見てて画面が真っ暗になると自分の顔と目が合う」 75 点

審査員コメント「僕はすごく好きだけど、少し地味すぎたのかな。」


NO.3 「電車で自分の両脇だけ空席」71 点

審査員コメント「もうひと展開欲しかった。」「悲しければいいわけではない。」


NO.4 「さいきん FaceID 認証に失敗する」81 点

審査員コメント「新しい風を感じました。」「期待の若手ですね。」


NO.5 「部屋の中でなくした家の鍵を見つけた直後にまたなくす」72 点

審査員コメント「まぁー、うん、無くはないけどなぁ。」「本調子ではないのかなと。」


NO.6 「向こうから手を振ってきたので振り替えしたら、自分ではなく後ろの友人に向けてだった」 92 点

審査員コメント「地獄ですねぇ。」「もっと聞かせてほしい!」


NO.7 「半袖でへっちゃらそうにしてた子が風邪でお休み」 89 点

審査員コメント「アッホやなぁ!!」


NO.8 「『ピーヒャラ、ピーヒャラ、パッパパラパー ♪× 2 オーへそがチラリー。パッパパラリヤ ♪』のループから抜け出せない」 83 点

審査員コメント「抜け出せんわぁ。」「家に帰ったら思い出しそう。」「悲しいかぁ??」


優勝「向こうから手を振ってきたので振り返したら、自分ではなく後ろの友人に向けてだった」

総評

第一回ということもあり、模索した参加者が多いイメージでした。 審査は困難を極めたものの、「振り返し」は悲しさの皮を一枚向けており、優勝は妥当に感じました。 以降は今大会を踏まえて、より一層の悲しさを追い求めていってもらえればと思います。

© 2019 Void Games